オクはぴ

郵送、梱包、副業で人気のヤフオク出品の初心者向けのやり方からトラブル対応まで詳しく紹介しております。メルカリ、フリル発送にも役立ちます。

大量の本や雑誌をダンボールに詰めて梱包するときの注意点

      2016/07/27

本や雑誌をまとめてヤフオクやメルカリで売った時はダンボールに詰めて発送すると思います。
その際に安全に送る為の注意点がいくつかありますのでまとめてみました。

 

配送中の状況を考えて梱包をする。

クロネコヤマトやゆうパックで本を詰めたダンボールを送る場合、たくさんの人がそのダンボールを持ち運びます。
そのため配送中に中の本が傷まないように工夫する必要があります。

大きなビニール袋に本を入れる。

ダンボール箱に本をそのまま詰めてしまうと配送中に雨など水濡れがあった場合に損傷するかもしれません。
対策としてビニール袋に本を入れた状態でダンボールに詰めます。

100サイズ、120サイズのダンボールに詰める場合は、45リットルサイズのポリ袋が最適です。
このようにしておけば水濡れから守ることができます。

ダンボール箱が底抜けしないように注意する

1冊単位の重さは大したことない雑誌でも30冊、50冊と重ねるとかなりの重量になります。
この量をダンボールに詰めた時に注意するのが底抜けです。
ダンボール箱の強度が弱いと持ち上げて運ぶ時に底面のテープなどが切れて雑誌が落ちてしまうのです。
雑誌も損傷を受けますが運ぶ方も大変です。
私も昔、落としてしまったことがあります、、、(^_^;)

 

頑丈な梱包方法

対策としては頑丈なダンボールを選びます。
ダンボールをスーパーマーケットなどで無料でもらう時は、ペットボトルなど飲料水で使っていたダンボールや青果のバナナやリンゴで使っていたダンボールを選びましょう。
通常よりも頑丈にできています。
逆にスナック菓子で使っていたダンボールは、素材も薄く弱いので止めましょう。本を詰めるには不向きです。

次にダンボールの底面を幅広テープでしっかり止めて下さい。
紙のガムテープだと重ね貼りができませんので100円ショップでも売っている透明テープがオススメです。

関連記事>>ガムテープは不便です。一番コスパが高く梱包に便利なテープはこれです。

1箱に詰めてかなり重くなる場合は、2箱、3箱に分けて重量を分散させると良いと思います。

 

冊数によっては、ゆうパックがお得

ダンボール箱に詰めた本や雑誌を宅配便で送る時、クロネコヤマトとゆうパックどちらでもいいと思いがちですが「重さ」の違いがありますので注意しましょう。
例えば同じ80サイズの荷物の場合です。

ゆうパックが送料900円の所でクロネコヤマトは、送料972円になります。
さらに重さが5kgを超えた場合は、100サイズ適用になるため送料1,188円となります。
ゆうパックは、一律30kg制限なので5kg超えても変わらず900円です。

 

クロネコヤマトで発送する場合は、クロネコメンバーズカードを使って決済をすると送料が割引きになります。

関連記事>>クロネコメンバーズカードで送料が最大15%も安くできます。

このように内容量よっては差が出ますので事前に調べておくことをオススメします。

また、重量が重く運ぶのが大変な場合は、自宅に集荷に来てもらった方が便利です。
クロネコヤマトもゆうパックも対応しています。

 

 - 梱包について