オクはぴ

郵送、梱包、副業で人気のヤフオク出品の初心者向けのやり方からトラブル対応まで詳しく紹介しております。メルカリ、フリル発送にも役立ちます。

定形外郵便で梱包した後、予定より重くなり送料が高くなった時の対応

      2017/07/06

梱包した後の送料が高くなった場合
ヤフオクやメルカリで売れた商品を梱包したら当初の予定より重くなってしまうことがあります。
特に割れ物を包む時は、厳重にしようと思いクッションをたくさん詰め込んでしまうことがあるからです。

定形外郵便は、「重さ」で送料が決まってしまうので少しでも重くなれば金額が変わってしまいます。
送料が変わる重さのボーダーラインは以下の通りです。

2017年6月1日より料金が変更となり、サイズも規格内と規格外で分けられるようになりました。

定形外郵便の規格内料金
梱包した後に厚さが3cmを超えると規格外発送となります。
定形外郵便の規格外料金

ヤフオクでは通常、落札者に送料負担を求めます。
例えば、出品時の説明で定形外郵便:500円と言っていたのが実際に梱包したら500gを超えて700円となると200円の差が出てきます。
※厚さ3cm以上の荷物の場合です。
これは結構、大きい金額です。
出品時は、たいてい商品の重さを測って説明に書き込むためこのようなことが起きます。

この場合、梱包した後に送料が高くなったからといって落札者に負担を求めてはいけません。
落札者は、送料:500円だと思って落札しているからです。
ここは増えた差額200円は、出品者が負担しましょう。

私の考えでは、安易な梱包で商品が破損してしまうリスクがあるよりは、多少、送料が上がっても安全な方が良いと思っています。
また、定形外郵便だと切手ように貼ってある証紙に送料が印刷されていますので落札者が見て「おまけサービス」をしてくれたと喜んでくれる場合があり、高評価につながります。
こういう評価は、ネット販売で大事なことだと思います。

オクはぴトップページヘ

 - 梱包について