オクはぴ

郵送、梱包、副業で人気のヤフオク出品の初心者向けのやり方からトラブル対応まで詳しく紹介しております。メルカリ、フリル発送にも役立ちます。

現金書留の書き方

      2017/03/06

2016年新しい現金書留封筒の書き方と送り方

現金書留の封筒が2016年に新しく変わりました。
以前の古い封筒と比べて写し紙がなくなりシンプルになりました。
そこで現金書留の送り方、新しい封筒の書き方とまだ使える古い封筒の書き方をまとめてみました。

現金書留の封筒は、郵便局窓口で購入できます。1枚21円です。

 

2016年発売の新しい現金書留封筒の書き方と送り方

1.封筒の郵便番号、お届け先欄を記入します。

新しい現金書留封筒の宛先を記入します。

2.ご依頼主欄を記入します。
新しい現金書留封筒の依頼主を記入します。

3.現金書留の封筒は2重構造になっています。
内側にある白い封筒の中に現金を入れます。
お札はもちろん、小銭を入れることもできます。

新しい現金書留の封をします。

4.封筒裏の「封の仕方」の通り中ふたにのりをつけて閉じて上から下ふたをのりで貼ります。そしてさらに上から上ふたをのりで貼って完了です。
最後に○部分3ヶ所に同じ印鑑を押します。
シャチハタではなく三文判を使いましょう。

新しい現金書留の封に印鑑を押します。
切手部分は貼らなくていいので郵便局窓口に持って行き「現金書留をお願いします。」と言えば大丈夫です。

そして局員の方が「中に入れた現金の金額を教えて下さい」と聞きますので伝えて下さい。

必要な送料と現金書留手数料を支払います。
手続き完了後に印刷された控えの用紙「書留・特定記録郵便物等受領書(お客様控)」をくれますので大事に保管して下さい。

以上で現金書留の書き方、送り方は完了です。

スポンサーリンク

旧タイプの古い現金書留封筒を使った送り方と書き方

以前の旧タイプの現金書留封筒もまだ使うことができますのでご安心下さい。
下記の手順の通りで郵便局窓口に持って行けば受付けてくれます。

1.封筒に貼ってある写し紙部分を取ります。
郵便局端末の出力(印刷)で控えを発行する方式に変わったため写し紙の必要性がなくなりました。

古い現金書留封筒の書き方

 

2.「郵便番号」「お届け先」と「ご依頼主」の枠がありますので直接、ボールペンで記入をします。
古い現金書留封筒の書き方2

 

古い現金書留封筒の書き方3

 

3.封筒の中に現金を入れて説明の通りしっかりとのり付けをします。

古い現金書留封筒の書き方4

 

4.切手は貼らずにそのままで郵便局窓口に持っていきます。
局員の方が中に入れた現金の金額を聞いてきますので伝えて下さい。

5・局員の方が処理をしてくれて必要な送料と手数料を支払います。

6.控えの用紙「書留・特定記録郵便物等受領書(お客様控)」を印刷して渡してくれます。

7.用紙には、依頼主とお届け先の枠が撮影された画像が確認できるようになっていますので大切に保管します。

以上が旧タイプの現金書留封筒の出し方となります。

 

現金書留は、追跡番号で受け取り、受領の確認ができます

大切な現金が入っている物なのできちんと相手に届いたか心配になると思います。
そんな心配がないよう現金書留には追跡番号がついています。

郵便局窓口で現金書留の手続きが完了すると「書留・特定記録郵便物等受領証(お客様控)」という用紙がもらえます。
そこにお問い合わせ番号が記載されています。

下記の専用サイトで番号を入力すると配達状況が確認できます。
https://trackings.post.japanpost.jp/services/srv/search/input

受け取っていない場合は、保管してある郵便局名が確認できます。

 

現金書留の本人限定受取の指定もできます

現金の送付状況によっては、送り相手(本人)だけに受け取って欲しい場合があります。
例えば一緒に住んでいる家族には受け取って欲しくない場合などに使えます。
そんな時は別途料金:100円加算で「本人限定受取郵便」が指定できます。

受取人は、身分証明書を局員に提示して受取となりますので確実で安心です。
また、受取のタイプを聞かれますので「特例型」を指定するのが一番よいです。
相手の受取人が自宅と郵便局窓口どちらでも受取が可能になります。

 

現金書留の保管期間はいつまで?

送った現金書留は郵便局での保管期間が10日間あります。
もし、10日間経過しても相手に受け取ってもらえない場合は発送主に返却されます。
もう一度、現金書留を郵送し直す時は、改めて送料がかかりますので注意しましょう。

詳しくはこちらの記事に書きました>>現金書留を受取る日に留守だった時の保管期間と対応方法。

 

現金書留は配達日指定もできます。

お祝い金などを現金書留で郵送する時にオプションで配達日を指定することもできます。
相手の受け取り都合に合わせたい時にも便利です。
料金は平日指定で31円加算、日曜日・休日指定で210円加算となります。

以上となりますのでご参考にして下さい。

 

その他の記事>>現金書留封筒のサイズは?祝儀袋は入るの?

 - その他