オクはぴ

郵送、梱包、副業で人気のヤフオク出品の初心者向けのやり方からトラブル対応まで詳しく紹介しております。メルカリ、フリル発送にも役立ちます。

せどりブームを支えたクロネコメール便

      2017/12/09

2015年の1月に「クロネコメール便廃止」のニュースが出て特にネット販売をしている人を驚かせました。

しかもプレスリリースからわずかの3月いっぱいで終了となる異例の早さでした。

影響度も考慮して半年程度時間をおいてくれればと思いましたが信書問題以外にもいろいろと検討した結果とみれます。

長年、クロネコメール便にお世話になった一人としてこのサービスがいかに凄かったかを改めて振り返ってみました。

 

せどりビジネスはメール便があったからできた

今でも雑誌などの副業特集に必ず登場する「せどり」。

簡単に言いますとブックオフなどのリサイクル店で品物を相場より安く購入し、ネットのamazonマーケットプレイス、ヤフオクなどで転売して利ざやを稼ぐものです。

仕事帰りなどスキマ時間でできる事から副業としてブームになりました。

そのまま専業で独立した人も多数いるようです。

かく言う私も大昔、せどり方式で少し稼いでいた事がありました。

丁度、amazonマーケットプレイスが開始された頃です。

それまでヤフオク出品をしていたのですが商品写真を撮らずにコンディションの選択と説明だけで販売できると知って自分が読んでいらない本をマーケットプレイスに出品してみました。

そして、半日たった頃にメール受信をしたらビックリです。

出品した本がほとんど売れて「発送してください」メールがズラズラと並んでいるのです。

しかも値段が定価の半額程度で売れたのです。 ※その頃ブックオフの値付け方法を真似ていました。

そしてさらに送料分でも差額の儲けが出たのです。

amazonから定額の送料250円がもらえるのですが当時クロネコメール便は、1cm以内で80円、2cm以内であれば160円で発送できましたので少し儲かるのです。

ちりも積もればまとまった金額になる仕組みです。

 

そしてこの仕組みに気がついた人が世の中にたくさん出てきて雑誌でも紹介され「せどりブーム」が起きたのです。

時代的にも途中、リーマン・ショックもあり、景気の先行き不安で副業を始める人が増えたところに丁度、せどりが一般化されました。

その後、ケータイで相場チェックができるサイトが登場したり、バーコードスキャンできるアプリが出たり日々進化して本の相場に詳しくない人でも簡単にせどりができる時代になりました。

ブックオフで本を1冊ずつケータイでチェックする人を「ピコラー」なんて呼んでました。

しかし、プレーヤーが多くなれば必ず起きるのが相場の下落です。

少し前まで800円で売れた本が今は100円程度なんてことも日常茶飯事となったのです。

そんな値段が下がる中で少しでも利益を出そうと出てきたのが「1円出品」です。

商品本体で儲けるのではなく先ほどのメール便送料の差額で儲ける手法です。

このように「せどり」は、「クロネコメール便」と密接な関係で成り立ってきたビジネスなのです。

 

クロネコメール便のようなお得サービスがない

クロネコメール便の廃止発表以降、新サービスも登場しましたがそのまま代替になりそうなものはないようです。

 

【クロネコヤマト】

・クロネコDM便:予め契約をしている法人、団体、個人事業者向けにカタログなどの販促物を発送できるサービス。商品としての本、DVD、CDなどは対象外です。また、気軽にコンビニからも発送できません。

・宅急便コンパクト:2種類の専用BOXで発送する宅急便です。今まで一番最小だった60サイズ以下も対応すると言った方がわかりやすいと思います。 宅急便なので送料は高いです。通常料金594円からとなり、持ち込みやクロネコメンバーズカードで割引きを工夫するしかありません。 一定の大量発送で値引き交渉がセールスドライバーとできるかどうかは今のところわかりません。

 

【郵便局】

・スマートレター:レターパックの半分の大きさA5サイズの専用封筒で送るサービスです。厚さ2cmまでで送料180円と魅力的なのですが追跡番号がないのが難点です。番号付きだと良かったのですが、、、用途の対象商品は、小さい単行本、文庫本、CD、小物雑貨くらいだと思います。

・クリックポスト:厚さ3cmの制限で送料164円で発送できます。とても魅力的なのですがYahoo! IDでのログインでWEBからの申込み発送となります。手間がかかるのが難点です。サービス開始から結構経ちますがイマイチ普及していません。

 

4月以降は、扱う商品によって一番適切となる発送サービスを選んでいかなければなりません。

基本的にはゆうメールが多くなるような気がします。

 

以上のように振り返ってみますとクロネコメール便は、本当に凄いサービスだっと思います。

厚さ1cm以下であれば82円で発送できました。しかも追跡番号付きです。

また、メール便1冊でもドライバーさんが集荷に来てくれました。

 

このようなサービスがまた出てくることはたぶんないでしょう、、、 本当に残念です。

 - その他