オクはぴ

郵送、梱包、副業で人気のヤフオク出品の初心者向けのやり方からトラブル対応まで詳しく紹介しております。メルカリ、フリル発送にも役立ちます。

ヤフオク出品で切手支払いを断った方が良い理由。

      2015/09/03

ヤフオクで出品をしていますとたまに質問欄で「切手支払いの対応していますか?」と聞かれることがあります。
私自身も過去何度もありましたが全て断っています。

 

ヤフオク切手支払い対応不可

ヤフオク切手支払い対応不可

 

ヤフオクを始めた当初は、「なぜ切手で払いたいのか?」と疑問がありましたが以下のメリットがあります。

・銀行経由ではないので振込手数料がかからない。※切手を送る郵便代で済む。
・家にあまっている切手で対応できる。

特に出品金額が低い品物ほど切手支払いの要望がありますが出品者にとってはデメリットの方が多いです。

 

切手支払いの出品者デメリットは?

切手支払いで取引きをした場合、落札代金分の切手を普通郵便で送ってもらう流れになります。
例えば800円で落札されれば800円分の切手をもらいます。郵送代は、落札者負担でお願いします。

しかし、問題なく取引きが完了できるとは限りません。

・普通郵便で送ってもらうため出品者の手元に届くまで時間がかかる。
・追跡番号や補償がない郵送なので不着事故があった場合、面倒になる。
・キレイな切手を送ってくるとは限らない。のりなし、切れ、汚れ、欠けがある場合もある。
・現行ではないやたらと古い切手を送ってくる場合もある。きちんと額面が同じであれば文句が言えない。

など不安要素がたくさんあり、取引き内容の割には疲れると思います。

 

切手の使い道

仮に切手で受け取った場合の用途を考えてもデメリットが多いです。
郵便局では、切手の現金払い戻し対応は、していません。
1枚単位の手数料を払って他のものと交換して使う事となります。

また、切手を専門に買い取るお店もありますがあくまでも「付加価値のある切手」や「シート単位」が対象です。
1枚ずつの受付は、していないのが基本ですので換金するのは難しいです。

そうなるとやはり、郵便物を送る時に使うしかありません。

 

このように切手を受け取る側の出品者からみると面倒な事が多いので「切手支払い不可」にした方が良いと思います。

 - 支払い対応