オクはぴ

郵送、梱包、副業で人気のヤフオク出品の初心者向けのやり方からトラブル対応まで詳しく紹介しております。メルカリ、フリル発送にも役立ちます。

Tシャツの写真の撮り方とサイズの測り方

      2016/07/04

ヤフオクやメルカリでTシャツを出品する時の商品撮影のポイントをまとめてみました。
買い手がわかりやすくキレイな写真をアップすると売上が変わってきます。
そして、サイズをきちんと測って説明に記載することも大事です。

 

Tシャツを出品する時の撮影ポイント

商品撮影のポイントは、見ている人に少しでも状態や全体の雰囲気を伝えることです。
暗く写った写真はわかりにくいので売れなかったり、誤解されたりしますので光が入る明るい所で撮りましょう。

1枚目:前面でTシャツ全体を撮ります。
Tシャツ前面の全体を撮影する。
2枚目:裏面でTシャツ全体を撮ります。裏のデザインを気にする方が多いので必ず撮りましょう。
裏面でTシャツ全体を撮影します。

3枚目:素材タグ、ブランドタグをアップで撮ります。どこのメーカー、ブランドなのかをきちんと伝えるためにタグを撮ります。また、生地の素材を気にする方がいますので撮ります。
素材タグを撮影します。

その他に白いTシャツは背景が黒または、色が濃い場所がよく映えますので気をつけた方が良いです。
白いTシャツは背景を黒にすると映える。
下記のように白い壁で撮影すると光で形のラインが飛んでわかりにくい写真になります。
白い背景で撮影するとわかりにくい。

また、生地に汚れ、シミがある場合も必ず撮影しましょう。
Tシャツの汚れはアップで撮影します。
言葉で説明するよりも画像で見せた方が簡単に伝わります。
その時に定規を添えておくと汚れの大きさがわかりやすくなるのでオススメです。

以上のように商品を見ている買い手が「こんな状態の商品だろうな」と想像できるように撮影するのが大事です。
ネット取引きは、実際に手にとって見れませんので気が利く出品内容が支持されます。

 

Tシャツの実寸サイズを測るポイント

メーカーやブランドによって同じLサイズでも大きさが異なりますので実際に測定した実寸サイズを説明に記載すると良いです。
Tシャツの場合は、下記の図の場所が測定するポイントです。
Tシャツの大きさを測る場所

・肩幅:袖と縫い合わせてる所を直線で測ります。
・身幅:脇の下部分の位置で測ります。
・着丈:肩から裾までを測ります。
・袖丈:袖に沿って測ります。

あくまでも出品者の測定ですのでおおよそで大丈夫です。

実寸サイズを元にした出品時の説明は、以下のようなまとめ方で良いと思います。

【サイズに関する例文】
------------------------------
実寸サイズは、肩幅 約◯cm 身幅 約◯cm(脇の下位置) 着丈 約◯cm 袖丈 約◯cm となります。
おおよその測定となりますのでご了承下さい。
また、サイズの相違での返品対応はできませんのでご了承下さい。
------------------------------

最後に記載したサイズ相違での返品不可は、必ず記載した方が良いです。
そうしないと少しの違いで返品要求されることがありますので注意して下さい。

関連記事>>Tシャツを一番安く郵送する送り方と梱包のコツ

 - 撮影とサイズ測定