オクはぴ-ヤフオク・メルカリ出品の郵送、梱包方法ノウハウサイト

ヤフオク、メルカリ、ラクマ、ミンネ発送で使えるノウハウをご紹介。郵送、梱包、副業の参考にして下さい。

期待のQRコード決済!ゆうちょ銀行が2019年から「ゆうちょPay(ペイ)」を開始予定

   

QRコード決済!ゆうちょ銀行のゆうちょPay
中国のアリペイやwechatpayの人気の煽りを受けて日本でもQRコード決済(スマホ決済)が注目されています。
QRコード決済というのは、電子マネーやおサイフケータイとは違う方式の支払い方法で会計時にスマホでQRコード読み込んで手続きをするものです。
慣れると非常に早く支払いが出来て現金を持ち歩かなくてもスマホで完結できます。
既に中国では、現金よりもQRコード決済が主流になっているようです。
対応する加盟店も決済手数料がクレジットカードよりも安く入金が早く売上管理が便利などメリットが多くあります。

そして、日本でもこのQRコード決済のサービスがいろんな会社や銀行で提供開始していて競争が始まっています。
中でも楽天pay、LINEpay、Apple Payなどが先行しています。

ゆうちょ銀行のゆうちょpayが普及する可能性は?

最新のニュースでなんとゆうちょ銀行がQRコード決済に参入すると報道されています。
サービス名は、ゆうちょPayになるようです。

もし、このゆうちょPayが実現したらかなりの期待ができそうです。
詳細はまだ全くわかりませんがゆうちょ銀行好きの私個人としてまとめてみます。

ゆうちょ銀行ATMが圧倒的に多いので使いやすいはず

ゆうちょ銀行の口座は、日本国民の多くが持っています。
私も以前にヤフオクで売買していた時にゆうちょ銀行振込が断トツに多かったことに驚きました。
皆さん日々の生活にゆうちょ銀行口座を使っているようです。
そのためゆうちょPayが開始されたら利用者は多くなりそうと予想できます。

また、ゆうちょ銀行のメリットの一つにATMの数が多いことです。
公表されているレポートを見ると全国で27,000台以上あるようなのでどこに行ってもキャッシュカードまたは、通帳があれば利用できます。
最近では、コンビニのファミリーマートにATMの設置を積極的に進めています。

このATMが多いことが今回のQRコード決済では、大事になります。

ゆうちょPayは、GMOペイメントゲートウェイという会社が開発提供している「銀行pay」をベースにしています。
銀行payの仕組みは、QRコード決済をした時に直接、銀行口座から引き落とされます。
ゆうちょPayは、ゆうちょ銀行口座となります。

もし、口座残高が少なくなればすぐに近くのゆうちょATMに行って預け入れができます。
ゆうちょPayは、利用金額の上限が設定できるので家族それぞれで利用すればお金の管理が便利になるはずです。
ちなみに何に使ったか利用履歴も表示されます。
会計簿のようになりますね。

期待するのは郵便局で使えること!

QRコード決済は、通常、対応するお店が加盟店登録をして使えるようになりますが今回、個人的にゆうちょPayで期待したいのは、郵便局での利用です。
どうなるのか全くわからないので個人での期待で書きますのでご了承下さい。

今まで郵便局での支払い方法は、現金のみでした。
郵便やゆうパックの送料支払いや切手代などクレジットカードは、使えず現金で払うことしかできませんでした。
メルカリやヤフオクで売れた商品を定形外郵便などで発送する時に郵便局に行くことがあるのですが現金が意外と不便で電子マネーくらいは、対応してほしいと個人的に日々、思っていました。
電子マネーも未だに対応していません、、、

そこで今回のゆうちょPayでぜひ支払い対応してほしいと願います。
やはり現金レスでスマホ1台で支払い手続きできるの手軽になります。

楽天Payとの比較

ゆうちょPayと楽天Payの大きな違いとして引き落とし先の違いとポイントの有無です。
ゆうちょpayで買い物をすると自身のゆうちょ銀行から即時引き落としとなりますが楽天Payは、登録したクレジットカードから1回払いとなります。そのためクレジットカードがない人は、楽天payが利用できません。
また、実際にお金が支払いされるのはクレジットカード経由なのでクレジットカード会社の引き落とし日になります。

また、ゆうちょPayには利用した分に対してのポイント還元がありません。
※銀行payの現在の仕様で書いていますので今後、別の何かのサービスがあるかどうか不明です。
楽天payにおなじみの楽天ポイントが適用されますので貯めていくことができます。
1ポイント1円換算で利用もできます。
最大30,000ポイントの利用上限があります。

以上のようにまだ詳細は、発表されていませんが他のQRコード決済にはない差別化されたサービスがあることを期待したいと思います。
続報があればまた追記していきます。

オクはぴトップページ>>

 - 郵便局情報