オクはぴ

郵送、梱包、副業で人気のヤフオク出品の初心者向けのやり方からトラブル対応まで詳しく紹介しております。メルカリ、フリル発送にも役立ちます。

本の買取はとても安いので紙本をやめて電子書籍にするメリット

      2016/08/03

大手の買取チェーン店に本を売りに行った経験がある方はわかると思いますが本の買取はとても安いです。
1冊10円、20円は当たり前でたくさん持って行っても合計金額がいくらにもなりません。
また、買取できないと言われる本もあります。
手間を考えると割にあわないです。

「なんでこんなに安いのかな?」と思ったこともありましたが立派な目立つお店を出して従業員がたくさんいて経営していくとなれば経費もたくさんかかります。
その分、査定が厳しくなるのは当然かなと思います。
また、本が売れない時代なので在庫リスクもあります。

そのため私の場合、定価1,500円以上くらいの本は、半額くらいにしてヤフオクで売って処分しています。
新刊本は早ければ早いほどすぐに売れます。漫画コミックは、全巻セットできる場合のみ出品します。

その他は、単体では売れないので「捨てるよりは引き取ってもらった方が助かる」くらいに思って買取チェーン店に持って行きます。雑誌は古紙リサイクルで処分します。
雑誌をリサイクルショップに持って行っても10円にもなりません。

昔は「本は売ればいくらかになる」と思っていたこともありますが今は、本そのものに金銭的な価値はありません。

 

引越や掃除で一番、処分に困るのが本と洋服

整理整頓をして一番の荷物になるのは本と洋服だと思います。
思った以上に出てきて驚くことがあるのですが毎回、処分が面倒です。

そこで最近、考えているのが本や雑誌は、なるべく紙で買わないでネットサービスで閲覧、電子書籍で購入に移行しようと思っています。

雑誌は、dマガジンというサービスが人気で定額400円で読み放題です。
また近々、Amazonも読み放題サービスをすると噂が出ています。楽しみですね。

月980円で読み放題? Amazon、日本版「Kindle Unlimited」を近く開始か

単行本はAmazonのKindle版がありますので対応できます。
※全ての本にKindle版があるわけではないのでそこは紙本にするしかないと思います。

こういう便利なサービスを使えば単体で紙本を買う冊数が少なくなり、保管の場所も取らず経済的です。
本に求めていたのは中身であって印刷物ではないので不便はありません。

映画も同じでディスクをプレーヤーに入れて観るよりもネットサービスで直接選択して観た方が楽です。
もうパッケージ購入は面倒と思うようになりました。

今後、電子書籍の感想などは追記していきたいと思います。

 

【追記】2016年8月

日本でもAmazon定額読み放題サービス開始

2016年8月3日よりアマゾンジャパンでも読み放題サービスが始まりました。
月額980円で利用できるそうです。
早速、見てみると対象となる本には「キンドル・アンリミテッド」のロゴがついて0円表示になっています。
なかなか凄いですね。
さらに読み放題できる本が拡大していけばかなりの使えるサービスになると思いました。

 - 整理整頓