オクはぴ-ヤフオク・メルカリ出品の郵送、梱包方法ノウハウサイト

ヤフオク、メルカリ、ラクマ、ミンネ発送で使えるノウハウをご紹介。郵送、梱包、副業の参考にして下さい。

衣類は捨ててはいけない!着ない服を有効に処分する3つの方法

      2018/04/29

部屋の掃除をして一番多く出てくる「要らないもの」の一つが服だと思います。
春夏秋冬と一年間でいろいろな服を着まわしていきくますので整理しないとどんどん増えていきます。
クローゼットを見ると持っていたことも忘れているジャケットやシャツなど出てきますよね。
そこで今回は、着なくなった服を単に捨てるのではなく有効に処分する方法をまとめてみました。

要らない服は売ったり寄付して処分する

服は切れたり、汚れたりしない限り何度でも使える物なのでリサイクルとの相性が良いです。
古着を再利用することは昔から定着していますので「欲しい」という需要が高くリサイクルショップで古着を買っている人はたくさんいます。
そのため着なくなった服は、安易に捨てたりせずに売ることでお金にもなり、「欲しい」と思っている人の手に渡り喜んでもらえます。
とても人に役立つ事なので時間に余裕があればぜひ、リユースに参加してみましょう。

以下の方法が現在、おすすめなのでご紹介します。

メルカリで服を売る

フリマアプリで断トツの人気があるのが「メルカリ」です。
国内で7000万ユーザー登録されていると言われ日々、いろいろな物が取引きされています。
メルカリの良さは、ユーザー登録から撮影、出品手続きまでスマホだけで簡単に操作できることです。
また、商品発送についても独自のサービスが整っており、送料が割安です。

私も何度か出品したことがありますが人気商品の場合、3分くらいで売れたことがありました。

メルカリで売れる服の傾向としては、やはり高価なセレクトショップ系のブランドとなります。
例えばザ・ノース・フェイスやシュプリームなど若い人に人気のブランドは、出品後すぐに「いいね」が付いたり質問が来たりします。
コラボ商品になるとプレミア価格で売れることもあります。
新品購入価格が3,000円前後のマイナーブランドは、なかなか売れませんので他の方法を検討した方が良いです。

メルカリのシステム上のデメリットとしては、発送と梱包の手間があることと現金を手にするまで時間がかかることです。
売上申請をしないと銀行口座に振込はされません。
また、1万円以下の申請は、手数料200円かかります。

【メルカリに出品する時の判断基準】
・ブランド品の服で数万円程度で購入した物。
・売れるまで時間がかかっても良いので高く売りたい。
・梱包や発送などの手間がかかっても大丈夫。
・売り上げた金額を手にするまで時間がかかっても構わない。

ネットのリサイクルショップの宅配買取で服を売る

それほど高価な服でもない場合やドサッとまとめて売りたい場合はリサイクルショップで買取ってもらうのが楽です。
服を専門に扱っているリサイクルショップではあれば査定して値段がついてすぐに現金を手にすることができます。
なるべく処分に面倒をかけたくない時には買取が便利です。

今までは近所にあるリサイクルショップ(チェーン店など)に持って行ったかもしれませんがオススメできません。
経験がある人も多いと思いますが査定金額が極端に安くて引取り程度のお金にしかなりません。
駐車場がある大きな店舗を構えて多くのスタッフを雇っていますので仕入れとなる買取は安くしないと経営が難しいのです。
また、査定するスタッフの多くがアルバイト店員なので服のブランドに詳しいわけでもなくマニュアル通りに見ますので高価買取は期待できません。

そこで今、人気なのがネットから申し込みをして宅配便で服を送って買取をしてくれる「宅配買取」です。
自宅にいながら服を処分できますので持って行く手間や店で待つようなことがありません。
また、リサイクルショップに行く状況を人に見られることもないのでプライバシーが守られます。

宅配買取は、スマホから簡単に手続きができるので近年、利用者が増えています。

宅配買取に対応しているリサイクルショップは、ネットで検索すると多く出てきますが私がオススメするのはブランディア宅配買取
です。
店舗を構えていないので運営コストを低くしてその分、買取金額に還元しています。
また、査定スタッフの教育がしっかりしており、服のブランドや状態を1点ずつ見て査定金額を出しています。
今までリサイクルショップに売って安かったと思う方は一度、試してみる価値があります。

こちらの公式ページから申し込みができます。



地域の自治体やリサイクルセンターに服を持ち込む

服を売ったりせずにまとめて処分したい場合は、地元のリサイクルセンターに持ち込むことをオススメします。
自治体や市町村で運営しているリサイクルセンターは、不要になった衣類を支援物資やリサイクル製品に再利用して役立つ仕組みになっています。
捨ててしまうとゴミとして償却され環境にも悪いですが再び何かに使ってもらうことで世の中に役立つことができます。
自宅に配布されるごみ収集の案内を確認するか役所に問い合わせてみましょう。

また、民間企業でも衣類回収をしている所があります。
有名な所でユニクロ、GU製品は、各店舗に回収ボックスがありますのでスタッフに確認して投函しましょう。
また、H&Mでもブランド問わず回収しているようです。
世界中の方にリユースされるとのことですのでまだ着れそうな状態であれば協力してみてはいかがでしょうか。

以上のように衣類を有効に処分できますのでゴミとして捨てる前に試してみましょう。

オクはぴトップページへ>>




 - 処分方法