オクはぴ

郵送、梱包、副業で人気のヤフオク出品の初心者向けのやり方からトラブル対応まで詳しく紹介しております。メルカリ、フリル発送にも役立ちます。

ヤフオクの即決交渉の対応は慎重に検討しましょう。

      2016/05/14

ヤフオクで出品している品物に「即決価格」設定をしていない場合でも「即決対応できませんか?」という交渉が質問欄で来る場合があります。
そんな時は慌てずに慎重に考えて対応することが大事です。
私の経験も含めて即決対応についてまとめてみました。

 

安易な即決は損する場合もあります。

例えば下記のようなメッセージをいただく場合があります。

例:「ずっと探していた物なのですぐにほしいと思っています。できれば現在のスタート価格で即決できませんか。宜しくお願いします。」

売れればいいなと思っていた品物にこのような問い合わせが来ると嬉しいものです。
誰も入札していない状況であれば早期終了設定でお取引が可能ですのでOKしたくなりますがいくつかの状況を見てから判断した方が良いかと思います。

初めて出品した商品の場合は断る。

初めてヤフオクに出品した品物で開始から間もない商品は断った方が良いです。
理由は、どれだけの人気や需要があるかわかっていないからです。

設定されている終了日までさらにアクセス数が伸びる可能性があり、スタート価格より高くなるかもしれません。
そのため今、即決対応をしてしまうと安く売ってしまうことになります。

いくらでもいいから早く売りたいという以外は、とりあえず断った方が良いと思います。

質問の対応として
「ご質問ありがとうございます。まだ出品開始をして間もない事もあり、現在、即決対応は不可となります。終了日までお待ちいただければと思います。すみませんが宜しくお願い致します」
という内容で大丈夫です。

実は私も初めの事はどんどん即決対応をしていたのですが後で落札相場を調べて随分と安く売っていたことに気が付きました、、、(笑)
その後は、初めて出品した品物の場合は、断るようにしました。

そして、即決を断った後の出品終了日に入札がどんどん入ってスタート価格より大幅に大化けした事が何度もあります。
ここがヤフオクの面白い所でもあるので慎重に検討しましょう。

即決希望の質問者の評価が低い場合は、断る。

即決交渉のメッセージが来たら必ず相手の評価を確認しましょう。
たいていは良い人ですが中には、評価の「非常に悪い」がたくさん付いている人がいます。

自分の取引きではきちんとしてくれるだろうと思うのですが後で何かでモメる可能性がないとは言えません。
事前にトラブル回避することも大事なので丁重にお断りするのが良いと思います。

また、評価が「新規」の人はまだ信用がついていないので判断が難しいです。
新規の方はいたずら目的があるかもしれないからです。

私の経験ですが「新規」の方に対しては始めの頃、即決対応するようにしていました。
しかし、中には落札後、連絡が全く来ない方や入金がいつまでたってもしてくれない方が何人かいました。
そのため「新規」の方もお断りするようになりました。

※即決対応ではなく通常の入札での「新規」対応については別途、記事を書きますのでそちらをご覧下さい。

すぐに即決対応しても良いパターンは?

即決交渉をもらっらすぐに対応しても良いパターンがあります。
それは、「何度も再出品を繰り返してなかなか売れない物」です。
簡単に言うと売れ残りです。

しばらくの間、再出品を繰り返して値下げもしているのに売れない物が必ず出てきます。
そんな売れ残りに即決交渉が来た場合は、すぐに売っても良いと思います。
当初想定していた値段より安くても売れた方がマシだからです。

こんな風にロングテール的に忘れた頃にポッと売れる事がありますので気長に再出品を続けるのも売れるコツです。

 

即決を了承した場合の操作方法

即決価格設定をしていない場合でもきちんと対応できます。
先に即決希望の方に入札をしてもらいます。

入札を確認したら画面の右の早期終了をクリックして確定をします。
この早期終了をすると通常の通り、落札された事になり、取引きを進められます。

入札後の早期終了をしないでメッセージで直接取引きをするのはガイドライン違反になりますので絶対にしないようにしましょう。

 - 出品について