オクはぴ

郵送、梱包、副業で人気のヤフオク出品の初心者向けのやり方からトラブル対応まで詳しく紹介しております。メルカリ、フリル発送にも役立ちます。

ヤフオクの再出品は、値下げをしながらギリギリまで続ける。

      2016/05/24

ヤフオクで出品していた商品が売れ残ると再出品しようか、止めて削除しようか迷う時があります。
私の場合、アクセス数やウォッチリストが入っているかなど考慮して値下げを少しづつしながら再出品を続けていきます。
商品にもよりますが最大で1ヶ月程度は、再出品を続けます。
理由は、ヤフオクには日々、相当数の閲覧者が来ます。
今は、落札されなくてもそのうち落札されるかもしれないからです。
いつ自分の商品に興味を持つ人が現れるかわからないので可能な範囲で出品を続けることが大事だと思います。

 

売れ残りが突然、入札競争される事があります。

自分ではもう売れないだろうと思っていた商品が何かのきっかけで突然、入札され、最終日には入札合戦になる場合があるからです。
ウォッチリストに入れていた人たちが入札に気づいてさらに入札をするようです。
こういう事がたまに起こるのでいつどこで出品商品が売れるのか予想がつかない時があります。
有名人や芸能人グッズを売っている人の場合は、テレビ、雑誌などのメディアの影響があるかもしれません。

このような現象が起きていつも思うことは「もう売れないと勝手に思い込んではいけないな」ということです。

出品を止めてしまえが落札されるチャンスを逃します。商品撮影などの出品作業も無駄になります。
落札されなければお金にならないからです。
根気よく出品を続けてみましょう。
ロングテール作戦になります。

値下げのタイミングは?

再出品の回数は、2回にしています。
2回分経過して売れなければ値下げをして再出品をします。
値下げをした直後に入札されることもありますので大事なポイントです。
ちなみに自動値下げ機能は使っていません。
やはりその都度、自分の感覚で値下げをした方がいいかなと思っています。

 

再出品を止める場合の判断ポイント

可能な限り再出品は続けた方がいいのですが保管場所などの都合で止めたい時があると思います。
その時の私の判断ポイントをまとめてみました。

アクセスは多いか?

商品ページを見てくれた回数がカウントされ表示されますがこの数が思ったより多いかを参考にします。
1ヶ月間も出品して2桁であれば需要がない商品と判断してもいいと思います。
欲しいという人がいないということです。

ウォッチリストは入っているか?

アクセス数とともにウォッチリストも参考にします。
リストの数がゼロの場合は、売れることはほぼないと思いますので諦めていいと思います。
ウォッチリストが入っていて値下げをしても売れなければ止めていいと思います。
あまりにも安く売れても発送の労力もありますので考慮しないといけません。

参考記事>>ウォッチリストが入っているのに落札されない理由

 - 出品について