オクはぴ

郵送、梱包、副業で人気のヤフオク出品の初心者向けのやり方からトラブル対応まで詳しく紹介しております。メルカリ、フリル発送にも役立ちます。

ヤフオクやメルカリ出品で商品の大きさを一発で伝える撮影方法。

      2016/07/03

ヤフオクやメルカリに出品する時に商品を撮影しますがその時に「大きさ」をきちんと伝えることも大事です。
特に小物雑貨は、目安になるものがないと勘違いされてしまうことがあります。
勘違い落札をされると後でトラブルにもなります。

そこで事前の商品撮影で簡単に大きさを伝える方法がありますのでご紹介します。

 

定規と一緒に撮影すれば大きがわかります。

入札しようと考えている人が「この商品の大きははこれくらいかな?」と一番わかりやすいのが「ものさし:定規」を並べてあることです。
とても簡単な方法ですが意外と使っていない方が多いのでぜひ、一緒に撮影してみて下さい。

例えばおもちゃのミニカーを出品したとします。
以下のように定規を前に置いて撮影すれば大丈夫です。

定規と一緒に商品撮影をする。

もちろん出品説明に「全長:約◯◯cmです。」と記載しますが定規があった方が見た目でパッとわかります。
また、この方法のメリットがもう一つあって大きさを尋ねる質問がほぼなくなります。
同じような質問がたくさんくるのを防げるのはとても効率的です。

ヤフオク出品を見ていると乾電池などで比較して撮影する方がいますが出品物の一つと勘違いされますのでおすすめしません。

私がこのような大きさを伝える工夫をするようになったのは過去の取引きで失敗があったからです。

マグカップを出品して取引き完了した時に落札者の方から「思っていたよりも小さく残念でした」とコメントをもらったことがありました。
確かにやや小さめのマグカップでしたが私にとっては特に気をつかう点ではなく「見てわかるでしょう」という軽い気持ちでした。
自分では気にしないことが相手にとっては大事なポイントであったことに説明不足と責任を感じました。

落札者の間で少しでもストレスなく取引きを完了する事が出品者の責任でもあると思います。

 - 出品について