オクはぴ

郵送、梱包、副業で人気のヤフオク出品の初心者向けのやり方からトラブル対応まで詳しく紹介しております。メルカリ、フリル発送にも役立ちます。

仕事帰りに使える、ゆうパックを夜間に受け取る方法

      2017/02/26

ゆうパックで指定できる「配達希望時間帯」は、一番遅くて「20時から21時」になります。
そのため夜間受け取りはできません。しかし、仕事の都合などで21時以降に受け取りたいという方も多いと思います。
そこで夜間にゆうパックを受取る方法をまとめてみました。

 

ゆうパックを局留め発送にしてもらい直接、取りに行く。

ゆうパックを21時以降の夜間に配達してもらうことは無理なので荷物を郵便局に置いたままにしてもらい自分で取りに行けば受け取りが可能です。
やり方は簡単です。

ゆうパックの配達をしないようにして郵便局に保管してもらうには発送主に「局留め」でお願いして下さい。
住所の欄に局留めと書いてもらうと配達先住所の管轄郵便局で留まってそのまま荷物が保管されます。

局留めの記入方法は郵便局の公式ページでも紹介されています。
http://www.post.japanpost.jp/service/sisho/

ゆうパックは伝票番号がありますので発送後に専用サイトで確認すると郵便局に到着しているかが確認できますので取りに行く予定も立てやすいです。

郵便追跡ページ
https://trackings.post.japanpost.jp/services/srv/search/
このページに伝票番号を入力すると確認できます。

 

受け取りの都合が良い郵便局を指定できます。

例えば職場の近くの郵便局を指定して局留めにしておけば仕事帰りに寄ることができます。
このやり方も簡単で先に希望する郵便局を調べてその局名で局留めをしてもらえば大丈夫です。

探す時の注意点ですが夜間営業している「ゆうゆう窓口」がある郵便局を探して下さい。

関連記事>>近くの郵便局のゆうゆう窓口が24時間営業しているか確認する方法

 

ネットショッピングの場合はコンビニ受け取りができます。

Amazon、楽天など対応しているネットショッピングであれば希望するコンビニで荷物が受け取れます。
都合がつく時、いつでも対応できますのでこれは便利です。

対応しているコンビニは、ローソン、ミニストップ、ファミリーマートです。

やり方は、ネットショッピングで購入後に配送先を希望するコンビニ指定すれば大丈夫です。
受け取り方法は、各ネットショッピングのページに説明がありますので確認して下さい。

以上のように夜間にゆうパックを受け取るのは簡単にできますのでどんどん利用しましょう。

 - ゆうパック