ヤフオク、メルカリ、ラクマ、ミンネ発送で使えるノウハウをご紹介。郵送、梱包、副業の参考にして下さい。

オクはぴ-ヤフオク・メルカリ出品の郵送、梱包方法ノウハウサイト




発送について

雑誌をレターパックプラスで発送する時に何冊入るか?梱包と送り方を写真付きで紹介

投稿日:2016年11月11日 更新日:

雑誌をレターパックプラスで発送する時に何冊入るか?

ファッション雑誌などレターパックプラスを使って発送する時に何冊くらい入るのか?
封筒がA4サイズなのでギリギリの大きさになりますが実際に確認をしてみました。
ヤフオク、メルカリ出品などで雑誌を送る方のご参考になればと思います。

レターパックプラスに雑誌を梱包した場合

雑誌サイズ約297mm×232mm×10mmを2冊入れてみました。
レターパックで雑誌を送る

ピッタリ入った状態になり蓋がギリギリ閉まるくらいとなります。
※蓋は両面テープを使わずに上からテープを貼った方が良さそうです。
レターパックの蓋を閉める。

この内容の梱包であれば郵便局で受付けをしてくれます。

今回試した雑誌では、3冊目は無理なので2冊が限界となります。

レターパックライト(青:送料360円)で雑誌を発送する場合は、厚さ3cmまでなら大丈夫です。
今回試した雑誌であれば1冊送ることが可能です。

レターパックでの雑誌梱包の注意点

レターパックで雑誌を発送する場合の梱包は、雑誌本体をビニール袋に入れることをオススメします。
専用の厚手封筒で丈夫ですが雨に濡れたりなどあるかもしれませんので念の為に雑誌を保護した方が安心です。
レターパックプラスは、相手先の人に直接渡して配達完了となりますがレターパックライトの場合は、郵便受けに投函して配達完了となります。
そのため郵便受けが外にあると雨で濡れる心配がありますので注意してましょう。

レターパックの発送は、郵便局窓口に持って行くか、厚さが薄ければ郵便ポストに投函できます。

レターパックプラスの出し方

レターパックプラスの利用は、専用封筒を事前に郵便局または、コンビニのローソンなどで購入します。
赤色の封筒で料金は510円です。
厚さの制限はなく、蓋が閉まれば受付けてくれます。
重さは4kgまでとなります。

出し方は、梱包したレターパックの表の欄に相手先の住所と氏名、自身の住所と氏名、電話番号を記入して郵便局窓口に持って行って下さい。
追跡番号が付いた控えのシールを受け取って発送は完了です。
街の郵便ポストに投函しても大丈夫です。

また、速達仕様で普通郵便よりも早く届きます。
配達状況については、追跡番号がありますので専用サイトで確認ができます。

レターパックプラスとレターパックライトの比較

以上のようにレターパックでも雑誌が発送できます。

オクはぴトップページ>>










-発送について

Copyright© オクはぴ-ヤフオク・メルカリ出品の郵送、梱包方法ノウハウサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.