オクはぴ-ヤフオク・メルカリ出品の郵送、梱包方法ノウハウサイト

ヤフオク、メルカリ、ラクマ、ミンネ発送で使えるノウハウをご紹介。郵送、梱包、副業の参考にして下さい。

メルカリの専用とお取り置きの違いとやり方

      2017/09/17

メルカリで出品をしているとたまに「お取り置きは可能ですか?」と質問されることがあります。
お取り置きというのは購入予約のようなもので「後日、その商品を必ず買うのでとっておいてほしい」というものです。
しかし、メルカリ自体にはそのような機能やルールはありません。
そのため出品者と購入希望者との口約束ということになります。

お取り置きは出品タイトルを専用に変更する。

お取り置きに対応すると決めた時のやり方ですが一番簡単なのは、出品タイトルの先頭に「○○様専用」とつけることです。
○○様というのは、購入希望者のニックネームです。
出品タイトルは編集で変えることができます。

専用とお取り置きの違いはなく出品者がすぐに売れないように工夫するということです。

専用にした後、希望者がすぐに購入手続きをしない場合は、いつ頃までに対応してくれるか必ず確認をしましょう。
そして約束した期日までに購入手続きをしてくれない場合は、専用解除することを伝えておきましょう。

メルカリのようなたくさんの人が参加しているサービスは、中には非常識な人もいます。
お取り置きを希望していながら購入をしてくれない人もいますので注意が必要です。

専用にして他の人に購入されないの?

出品タイトルを専用にしたとしてもメルカリの機能を制限しているわけではないので通常どおり購入ができます。
そのため他の人が購入することができます。
もし、専用を無視して他の人が購入した場合は仕方がないこととなります。

専用自体がメルカリで決めたルールではないからです。
即決が売りのフリマアプリなので先に購入された場合は諦めましょう。
出品者は、購入した方ときちんとお取引きするのが本来のルールとなります。

関連記事:専用出品にしたのにすぐに買ってくれない

オクはぴのトップページ




 - メルカリ