ヤフオク、メルカリ、ラクマ、ミンネ発送で使えるノウハウをご紹介。郵送、梱包、副業の参考にして下さい。

オクはぴ-ヤフオク・メルカリ出品の郵送、梱包方法ノウハウサイト




出品について

ウォッチリストが入っているのに落札されない理由

投稿日:2014年5月18日 更新日:

ヤフオク出品をして気になるの数字の一つが「ウォッチリストの追加数」です。
出品している商品が欲しいまたは、気になるなど動向をチェックするために落札予定者はウォッチリストに追加します。
この追加数が多いとそれだけ注目している人が多いという事なので終了日の入札競争の期待ができます。

話題の商品、人気商品を出品するとすぐにこのウォッチリストが追加されていきます。

しかし、中にはウォッチリスト数が十分にあるのに落札されずに終わる場合があります。
なぜでしょうか。
私も最初、理由がわからずでしたが経験である程度、検討がつきました。

 

ウォッチリストしても買わない理由

私の経験から2つの理由が考えられます。

1.出品スタート価格が高いと思っている。

ウォッチリストした商品が欲しいと思っているけど出品価格がまだ高いと思われている可能性があります。
商品に対する値段の価値観が出品者と落札者の間でズレているということになります。

ウォッチリスト数が10であれば10人が様子見している状況です。
こんな場合に商品を売り切ってしまいたい時は、試しに値下げして再出品してみて下さい。
するとほとんどの場合、入札が入り始めます。
運が良ければ競争によって最初に設定した出品価格を上回る場合もあります。
※入札されたことで商品が目立ってウォッチリスト10人以外の人が見つけて入札参加した可能性があるなど。

値下げ方は、大胆に下げた方がインパクトがあります。私の場合、「売れ残るくらいならこれくらい下げても構わない」という基準で行なっています。

2.落札価格相場などをチェックするため。

こちらは出品者側の立場でウォッチリストしているパターンです。
たまたま同じ商品を持っていて出品しようと検討している人が人気や価格を確認するためにウォッチリストに入れている可能性があります。
今は、落札相場を確認できる機能があるのですがピンポイントで入札動向をチェックするためリストに追加しているのだと思います。

以上のようにウォッチリストが入ったからといって終了日に落札されるとは限りませんので状況をみて対応してみて下さい。

 

いつまでも落札されない場合の対応

十分に値下げをしているのになかなか落札されない場合は、その商品の魅力がイマイチだと思いますので出品を止めた方がいいと思います。
いつまでも値下げを進めていても出品者としての利益が減るだけなのできっぱり止めてしまいましょう。

ヤフオクで長く多種多様な物を出品しているとどんな商品にウォッチリストがつきやすくて落札されるかがだいたいわかってきます。
継続的にヤフオクで収入を得たい場合は、このあたりの研究も必要だと思います。










-出品について

Copyright© オクはぴ-ヤフオク・メルカリ出品の郵送、梱包方法ノウハウサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.