ヤフオク、メルカリ、ラクマ、ミンネ発送で使えるノウハウをご紹介。郵送、梱包、副業の参考にして下さい。

オクはぴ-ヤフオク・メルカリ出品の郵送、梱包方法ノウハウサイト




仕事

副業でメルカリ・ヤフオク・Amazon販売をおすすめしない理由【デメリット】

投稿日:

副業でメルカリ・ヤフオク・Amazon販売をおすすめしない

働き方改革で残業が少なくなって給料が減ったり、消費税増税で支出が増えて家計が厳しくなった時に考えるのが「収入アップ」です。
そこで最近では、副業を考える会社員が増えており、容認する会社も多いそうです。
しかし、実際に本業以外でお金を稼ぐと言っても何をすればいいのか悩むと思います。
そんな時、ネット検索で「何かいいのがないかな」と探したりしませんか?

実際に見てみるといろいろ仕事があり、収入を増やしている人の体験談が紹介されたりします。
その中に多いのが「ネット販売」です。
商品を仕入れてメルカリ、ヤフオク、Amazonなどで売って利益を出す仕事です。
品物を安く仕入れて利益を上乗せして売れば儲かります。
上手く軌道に乗れば月収30万以上など本業の給料に匹敵することも可能です。
本業の給料以外に数十万の収入ができればかなり余裕がある暮らしができそうなのでやってみたい方も多いのではないでしょうか。

しかし、あえて私は副業でのネット販売はおすすめしません。
おすすめしない理由は、副業でするにはいくつものデメリットがあるからです。
将来、リサイクルショップやリユースショップを開業したいと目標があるなら別ですが本業があっての副業の場合、ネットで物を売る小売業は止めた方がいいです。

今回は、そのデメリットについてご説明をします。

副業でやるにはリスクが大きいネット販売

ネット販売のデメリットを一言でまとめると「手に入るお金の割にリスクが大きい」と言えます。
例えばある商品を売って5,000円儲かったとしてもそのために費やす時間や手間があり過ぎるということです。
ではどんなリスクがあるのか?以下の通りとなります。

仕入れが安定しない

ネット販売は、商品を安く仕入れて高く売る必要があります。
そのため常に売れる商品を販売し続ける必要があるのですがこれがなかなか難しいです。
製造業であればヒット商品を出ればそれをどんどん作っていけばいいのですが小売業なので売れる商品を見つけないといけません。

今は、ネット検索などで目星をつけることは可能ですがそれを安く買うには独自ルートを築く必要があります。
そして売れる商品を見つけたとしてもそれを大量に仕入れることは個人では難しいので売上が安定しません。
ある月に50万売り上げても次の月には5万円ということもありえます。

在庫を抱えてしまう

仕入れの次に心配なのが在庫です。
売れると思って仕入れたのにそれがなかなか売れずに残ってしまうことです。
個人で仕入れる商品は、同じものを他の人も売っていますので価格競争などで負けると全く売れません。
そのうちその商品の需要がなくなると値引きをしても売れませんので損失になります。

商品が売れないと次の仕入れ資金にも困りますし、在庫を保管するスペースも必要となります。
賃貸の家で部屋の一部を保管場所にしている場合は、その場所も毎月家賃が発生していることになりますので無駄なコストで赤字になります。
在庫を増やしてしまうのは本当に厄介なので注意しないといけません。

運賃や梱包資材の高騰

郵便物の送料や宅配便の運賃は、年々上がっています。
2019年10月からの消費税増税に伴って値上げが予定されています。
メルカリで商品を売る場合は通常、送料は出品者負担となります。
そのため販売価格の利益からさらに送料分を差し引くので手元に残る儲けが少なくなります。
ヤフオクも昔は、送料は落札者が負担するのが当たり前でしたが今はメルカリと同じく出品者負担になることが多いです。
そうしないと売れないのが現状です。

小さいアクセサリー雑貨などを販売するならそれほど送料はかかりませんが箱に入れるような大きいものや嵩張る服を売ったりすると送料が高くなりますので注意が必要です。

そしてもう一つ、計算に含めないといけないのが梱包資材です。
商品を発送する時には、ビニール袋に包んだり、エアーキャップ(プチプチ)で巻いたり、紙袋や箱を用意する必要があります。
これらの資材も原油価格の高騰などで値上がりしています。
資材価格が儲けをさらに少なくする要因になりますのできちんと計算しておかないといけません。

クレーム対応の負担

ネット販売で起きるクレームの内容として「配送に関すること」と「商品に関すること」が挙げられます。
配送については、きちんと梱包して送ったのに届かないという付着事故が起きる可能性があります。
宅配便であれば伝票番号で追跡をしたり、万が一紛失した場合は補償がありますが普通郵便などではあれができません。
その場合は、販売者が全額補償するなど対応しないといけません。

商品についても「壊れていた」「思ったものと違った」などクレームを受けることがあり、状況によっては返品や返金の対応が必要となります。そうなると本業の時間でも対応しないといけない場合がありますので精神的負担があります。

他にも「古物商営業許可証の取得」が必要になったりなどありますので私は、個人の副業としてネット販売はオススメしません。
副業というのは、本業に影響しないことが一番大事なのでなるべく「簡単に始めて簡単に止められる」ことを選ぶのが一番だと思います。

オクはぴトップページ>>







-仕事
-, ,

Copyright© オクはぴ-ヤフオク・メルカリ出品の郵送、梱包方法ノウハウサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.