本サイトはプロモーションが含まれています。

広告 発送について

【簡単】郵便はがきを簡易書留で出す方法と書き方

郵便はがきを簡易書留で出す方法と書き方

郵便はがきを簡易書留で出す場合の方法をご説明します。
メリットとしては、はがきが相手の郵便受けに投函されて完了ではなく、直接、相手に渡して受領印を貰えることです。
これで相手が「ハガキを受け取っていない」とは言えない証拠が取れます。
必ず受け取ってほしい場合に簡易書留は便利です。
また、発送から受取までの経過を追跡番号で記録してくれますので専用サイトで確認ができます。

オプション料金がかかりますが特別な理由がある場合に簡易書留は役立ちます。

郵便はがきを簡易書留にする方法

郵便はがきを簡易書留にする

郵便はがきに相手の郵便番号、住所、氏名、必要事項を記入して郵便局窓口に持って行きます。
郵便ポストから出すことはできませんので注意して下さい。

窓口で「このハガキを簡易書留でお願いします。」と言えば大丈夫です。

局員の方が簡易書留のはんこを押して専用の番号シールを貼って手続きをしてくれます。

追加料金として320円を支払います。

手続き完了後に控えの用紙をもらいますので受け取って大切に保管して下さい。
用紙には、追跡番号が記載されていますので後日、専用サイトで配達状況が確認できます。

以上の方法でハガキを簡易書留で出すことができます。

ハガキで簡易書留と特定記録の違いとは?

簡易書留に似たようなサービスで「特定記録」というものがあります。
特定記録をつけて出した場合もハガキに追跡番号を付けて配達をしてくれます。
しかし、相手の郵便受けに投函して完了となりますので簡易書留のように相手に直接渡して受領印をもらうことはありません。

あくまで投函までを記録してくれるだけとなります。
クーリングオフなどの手続きで相手の受取り確認が必要な場合は、特定記録ではなく簡易書留を利用します。

【ハガキの関連記事】
郵便はがきや切手はコンビニで買えますか?
郵便はがきに切手はいらない?
郵便はがきの書き方と出し方

オクはぴトップページ>>

PR:梱包資材を買うならココ

「会社で梱包資材をまとめて購入したい」
「ECサイトの箱を購入したい」
そんな時は、資材専門のダンボールワンが安いです!梱包コスト削減に役立ちます!


ブログランキング参加中!

会社で使う資材はダンボールワンが安い!

「梱包資材をもっと安く抑えたい」
「毎日、たくさん商品発送をする」
「ネットショップを運営している」

という方は、梱包資材をたくさん購入する必要があります。
そうなると近所の100均やホームセンターでは、割高になりますし、買いに行く手間もあります。そんな時に便利なのが「ダンボールワン 」というお店です。
梱包に必要なあらゆる資材を揃えており、しかも「まとめ買い」することで1枚あたりの単価を安く抑えることができます。一部地域を除いて送料無料です。
そうなれば儲けを増やすことができます。
近年ので物価上昇に負けずダンボールワンは、お買い得に資材を購入することができます。
また、ネットショップ経営をしている方であればお店オリジナルの箱も作ることができます。見ているだけでもたのしいお店なのでぜひ一度、ホームページを見てみてください。

-発送について
-,