本サイトはプロモーションが含まれています。

広告 メルカリ

メルカリで綺麗な商品撮影をするコツは?夜間撮影も明るく写す技

メルカリの夜間撮影で綺麗に撮るコツ

メルカリで商品を売る時に一番大事なのが商品写真です。
綺麗にわかりやすく写っている方が良く売れますし、他よりも高く売れることもあります。
買い物ユーザーにとって「どんな状態か?」というのは一番気になることなので、写真で十分に伝える必要があります。
10枚までアップロードできますので最大限利用しましょう。
また、鮮明に写っている方が売った後のトラブル回避にもなります。
「ここに傷があるように見えてなかった!」などクレームを回避できます。
そこで、今回はそんな写真撮影方法をご紹介します。

自然光をライティング代わりに撮影する

綺麗な写真を取ろうと思うと特別な機材が必要と思われがちですが実はお金をかけずに簡単に撮る方法があります。
それは、太陽が出ている晴れの日に光を利用して撮影することです。
部屋の中(屋内)で商品を撮影すると光量が足りないので暗く写ってしまいます。
アプリには補正機能があって明るくしたり、コントラストを調整したりなど加工ができますが限界があります。
補正機能を使いすぎると画像が荒くなります。
やはり元の写真を綺麗に撮影した方が圧倒的に印象がいい写真になります。

そのために必要なのが太陽の光、自然光です。
天気が良い日を撮影日にして以下の図のような環境で撮影するとキレイに撮れます。
メルカリで簡単に綺麗な写真を撮る方法

今回は例として服をメルカリに出品するとしています。

窓側(またはベランダ側)に近い所に服を掛けます。
そして、自然光がきれいに入ってきている状態でスマホをしっかり構えて撮影をします。
するとレンズ内に光がたくさん入っていますのでキレイな写真が撮れるのです。
また、壁の色が白だと光を反射してさらに効果がアップします。

あまり光が強すぎると色飛びすることがありますので注意して撮影しましょう。

時間帯も午前中から日中の優しい光が一番良いです。
夕方の時間は、西日になります。西日で撮影すると写真が変色して移りますので避けましょう。

以上の方法で見やすく綺麗な商品撮影ができますのでぜひ、試してみて下さい。

夜間撮影には機材を使う

仕事の都合でメルカリ出品が夜になることもあります。
そのため十分な自然光を取り込めないので綺麗に撮影することができません。
画像補正機能で明るさなど調整できますが、画質が荒くなるので利用しない方が良いです。
夜間撮影になる場合は、専用の機材を用意すると綺麗に撮れます。
最近はグッズが多く出ているので値段も安く入手できますので、商品撮影が多い人にはオススメです。

部屋の様子が商品に写り込んでしまう場合などボックスが便利です。
背景も白くできるので商品を綺麗に写せます。

部屋の物の映り込みを防ぐにはボックスタイプを使うと便利です。

関連記事:メルカリで売れない原因と解決方法

オクはぴトップページ>>

PR:梱包資材を買うならココ

「会社で梱包資材をまとめて購入したい」
「ECサイトの箱を購入したい」
そんな時は、資材専門のダンボールワンが安いです!梱包コスト削減に役立ちます!


ブログランキング参加中!

会社で使う資材はダンボールワンが安い!

「梱包資材をもっと安く抑えたい」
「毎日、たくさん商品発送をする」
「ネットショップを運営している」

という方は、梱包資材をたくさん購入する必要があります。
そうなると近所の100均やホームセンターでは、割高になりますし、買いに行く手間もあります。そんな時に便利なのが「ダンボールワン 」というお店です。
梱包に必要なあらゆる資材を揃えており、しかも「まとめ買い」することで1枚あたりの単価を安く抑えることができます。一部地域を除いて送料無料です。
そうなれば儲けを増やすことができます。
近年ので物価上昇に負けずダンボールワンは、お買い得に資材を購入することができます。
また、ネットショップ経営をしている方であればお店オリジナルの箱も作ることができます。見ているだけでもたのしいお店なのでぜひ一度、ホームページを見てみてください。

  • この記事を書いた人

tatujin

ヤフオク、メルカリで多くの取引実績があり、そこで得た発送や梱包ノウハウを紹介しています。 さまざまな品物を送る時のテクニックを解説していますのでぜひ活用していただければと思います。

-メルカリ
-, ,