本サイトはプロモーションが含まれています。

広告 郵便局情報

ゆうちょ銀行の記号・番号から振込用の店番号・口座番号を確認する方法

ゆうちょ銀行の店番号(支店名)と口座番号を確認する方法

ご自身の持つゆうちょ銀行宛に他銀行からお金を振り込んでもらうには店番号(支店名)と口座番号を伝える必要があります。
しかし、ゆうちょ銀行の場合、昔の名残で記号と番号で管理されています。
この記号と番号は、ゆうちょ銀行口座同士の送金で使えるのですが他銀行だと使えません。

そこで記号と番号から店番号と口座番号に変換する必要があります。
今回は、ゆうちょ銀行の口座番号についてご説明をします。

ゆうちょ銀行の店番号と口座番号は?

こまめにゆうちょ銀行窓口に行って通帳を新しくしている方は、通帳をめくって最初のページの下に店番号と口座番号が記載されています。
その番号を相手の方に伝えれば振り込みをしてもらえます。
普通の銀行は、○○銀行○○支店(店番号)という感じになりますがゆうちょ銀行の場合、数字なので店番号のみとなります。
口座番号は、桁数が少ない場合は頭に0をつけてあげれば大丈夫です。

通帳が古い場合は、最初のページの下に店番号と口座番号が記載されていません。
ご都合が良い時にゆうちょ銀行窓口に行って印字をしてもらって下さい。
※新しい通帳になる場合もあります。

ゆうちょ銀行窓口は、平日のみの営業となりますのでご注意下さい。

店番号・口座番号の変換方法

急ぎで番号を知りたい場合は、ご自身で変換をすることができます。
以下の図のようなルールで番号が決まっています。
ゆうちょ銀行の店番号・口座番号の変換方法

店番号ゆうちょ銀行の記号の頭の2番目と3番目の数字に8を付けた番号になります。

口座番号ゆうちょ銀行の番号の最後が1になっていますので1を取った番号になります。

他にもゆうちょ銀行が提供している変換サービスを使うと便利で確実です。
お手元の記号・番号を入力すると変換してくれますので間違いがありません。

以上のようにゆうちょ銀行の店番号と口座番号を確認できます。

オクはぴトップページ>>

PR:梱包資材を買うならココ

「会社で梱包資材をまとめて購入したい」
「ECサイトの箱を購入したい」
そんな時は、資材専門のダンボールワンが安いです!梱包コスト削減に役立ちます!


ブログランキング参加中!

会社で使う資材はダンボールワンが安い!

「梱包資材をもっと安く抑えたい」
「毎日、たくさん商品発送をする」
「ネットショップを運営している」

という方は、梱包資材をたくさん購入する必要があります。
そうなると近所の100均やホームセンターでは、割高になりますし、買いに行く手間もあります。そんな時に便利なのが「ダンボールワン 」というお店です。
梱包に必要なあらゆる資材を揃えており、しかも「まとめ買い」することで1枚あたりの単価を安く抑えることができます。一部地域を除いて送料無料です。
そうなれば儲けを増やすことができます。
近年ので物価上昇に負けずダンボールワンは、お買い得に資材を購入することができます。
また、ネットショップ経営をしている方であればお店オリジナルの箱も作ることができます。見ているだけでもたのしいお店なのでぜひ一度、ホームページを見てみてください。

-郵便局情報
-